• 3 引文
  • 1 h-指數
1989 …2018
如果您對這些純文本內容做了任何改變,很快就會看到。

研究成果 1989 2013

  • 3 引文
  • 1 h-指數
  • 14 Article
  • 10 Conference contribution
  • 8 Book
  • 6 Chapter (peer-reviewed)
篩選
Chapter (peer-reviewed)
2013

コーパスに基づいたeラーニングコンテンツとオンライン日本語作文支援システムの開発

Huang, S-M., 2013 十二月, 2013年應用日語教學國際學術研討會論文集. p. 143-155

研究成果: Chapter (peer-reviewed)

2008

「台湾人日本語学習者作文コーパス」の構築─データの収集および電子化とコーパスの機能を中心に─

Huang, S-M. & 山本卓司, 2008 五月, 東呉大学LARP at SCU 研究工作坊(二)會議手冊. p. 35-40

研究成果: Chapter (peer-reviewed)

2007

「台湾人日本語学習者作文コーパス」の構築について

Huang, S-M., 2007 七月, 2007年日語教學國際會議論文集.

研究成果: Chapter (peer-reviewed)

2005

台湾人日本語学習者作文データベースを利用した誤用分析 ー副詞の使用とその誤用傾向についてー

Huang, S-M., 2005 四月, 2005年日語教學國際會議論文集. 東呉大学, p. 333-344

研究成果: Chapter (peer-reviewed)

1998

『て』接続形に関する一考察―典型とつながりを中心に―

Huang, S-M., 1998 一月, 日本語文學國際會議論文集. 中華民国日語教育学会・輔仁大学, p. 203-218

研究成果: Chapter (peer-reviewed)

日中両語における動詞の他動性についての一試案

Huang, S-M., 1998 一月, 中華民國年度留日學人學術論文専輯. p. 609-618

研究成果: Chapter (peer-reviewed)